マイケルと踊った日本人

かつて、あのマイケル・ジャクソンと踊った日本人がいます。
知っている限り男性でしたけど、今回知ったのは女性でした。
日本人?、、ではあるかもだけど、アメリカで育ってか何かでネイティブだし、とてもアメリカナイズされています、格好いい。
そして、オーディションを受けたのですが、どうして受かったのかはわからないとか。
ちゃんとマイケルと一緒に踊っている画像もあるので本当ですねーー。
日本人には見えないけど、とにかく彼女はマイケル・ジャクソンと一緒にステージで踊ったのだ。
すごいよね。
マイケルはステージ上で「ここでライトの色を変えたい」とか「ここはこう」って細かく指示を出すんですって。
子供の頃からショービジネスの世界にいるし、感性もすごいんだろうな。
それに圧倒されながらもダンスした、、、すごい宝ですよね。
今おいくつなんだろう??女性に年を聞いてはいけない?
今も格好いいだろうなー、マイケルの愛をもらったんだし。
こう言う日本人が増えてきて嬉しいですね!
ところで、私が知ってる、一緒に踊った男性の方も、今どこで何そいてるんだろう?
元はマドンナのダンサーだったらしいけど。

夜、トイレに行く?

夜中に必ずトイレで起きる人が多いんですが、私は一度もそう言うことがなくて、その話を聞くといつもびっくりする。
年をとるとそうなっていくのかなー。
家計的には、誰も夜中にトイレに起きる人はいなかったから、体質が煮れば私もそんなことはないと思うし、そう期待するけど、わからないね。
そうなっても、また眠れたらいいんだけドネー。
今、トイレじゃなくても何らかの理由で真夜中に起きたとしたら、そこから眠ることができないので、二度寝なんて夢。
だからトイレで起きるようにもしなったら、そこから眠れないことが心配です。
トイレでの不眠、なんてどの病院に行けばいいのかもよくわからないよね。
病的なものなのか、精神的なものなのかによって違うし。
あなたは夜トイレに行きますか?
そのあと、また眠れますか?
もし眠れるのならあまり心配ないようです。
もちろん頻尿で困る、って言うのならそれはまた別ですけど。
なるべくなら朝までぐっすり眠りたいですよねー。

ホテルの変更

ホテルそのものの変更、ってのはこれはもはや"キャンセル"だけど、同じホテルで日付だけ変更、っていうのがありますよね。
あれでも変更手数料ってのがかかる可能性があるんですって。びっくり。
大体は無料で、部屋が空いてさえいたら変更ってできるはずですけどねー。

さて、変更手数料がなしで変更ができるとして、変更するからにはそれなりの理由ってものがあるのです。
ホテルはそんな理由なんて関係な位でしょうけど、周りに理由を言わなくてはいけないようなk状況があったとして、それってなんだろうか?
、、、なんか変なこと書いてますかね?
たとえば、私の場合、泊まるホテルの近くで行うはずのイベントの日付が変更になった、とかありました。
会場を押さえてる人も大変でしょう絵k度、そこにいくはずの私みたいな人たちも大変です。
他には、新幹線が止まった、、とかね(これは知り合いのケース)。
新幹線が止まってしまい、その日のうちにホテルに行くことができない、だったんです。
そのニュースはテレビでも流れていたので、キャンセル、ではなくて変更してくれたそうですけど、これも部屋が空いていたから、でしょうねー。
色々な事情があるのだ。わかってくれよ(誰に言ってる?)。

モナコは税金ただ

モナコのことをテレビで見ていて、ものすごい富裕層が集まる国だなって思いましたが、それは当たり前。
所得税を支払わなくてもいいから。
テニスのだけ公子さんもモナコに住んでいるか、、家があるって聞いていますが、税金対策なんだろうか?
でもそこは置いとくとしても、モナコって素敵な国ですね。
あのグレース・ケリーが嫁いだところ。
悲しいから若くして亡くなってしまったけど、彼女の子孫が今もいて、やっぱり綺麗なんだよねー。
今は息子さんが色々やってるみたいです。
仕事べやも写すてたけど、いたって普通だった、、w
モナコといえばモナコ・グランプリ。
車が好きなセレブが集まるもので、モナコ自体にも車好きがたくさん住んでいるみたいです。
ホテルでは毎日ものすごい車に乗り付けてくるお金持ちがたくさんいて、ホテルマンや車を管理する人たち、とっても忙しそう。
車に傷つけられないねー、、、運転も楽じゃない、でも、色々なスーパーカーに乗れる、または見れるのは楽しいかも。
いつか行ってみたいな、モナコ!

電話しながらは危険

今や、電話しながらAYMで何やら操作するのは危険。
、、、って判断されて、すぐにATMなりの責任者が声をかけてくるらしい。
特にお年寄りだとこの傾向が強い、だってオレオレさぎの可能性が高いからね。
(しっかし、ここまでニュースになってるのに、まだ騙されてしまうのだなーー。。)
郵便局ではよく局員が声をかけて、そして詐欺に気づいてお金振り込む前に食い止められた、ってニュースになってますね。これって正解です。
どんなに本人が「うちの娘だ。うちの息子だ」っていっても、おかしいものはおかしいのだ。
第三者に委ねたほうがいい、絶対に。
電話しながら、ができないように携帯を取り上げるのも手ですyp。
厳しいけどね。

ATMで携帯で話しながら、、、なんてシーンに出会ったことないけど、多いんですって。
相手もそれを見越して色々な手を打ってきてるらしいので本当に気をつけてほしい。
泣きながら何か言われると孫の声とか息子さんの声とか判断つきにくいもんですからねー。

ジャンクな食べ物

体調が悪い時ってジャンクなものが食べたくなりませんか?
私はなります。
逆にジャンクなものが食べたくなったら、それは体調が悪いのだ、って思うことにしてます、実際そうだから。
何が食べたくなるかなーー、ポテトチップスとか、、、普段食べない・・・・なんだろ?、、、チョコレートとかもそうですね。
コーヒーに砂糖入れたくなってみたり。
甘いものが食べたい?
・・・そうかも。
よく、疲れると甘いものが欲しくなるっていうけど、それそのものかもですね。
そんな時は我慢もしないで食べたいものを食べます、家にあれば、ですけど。
ない時でも、食パンに普段はつけない甘いジャムをたっぷりつけて食べたりします。
心が満足したらそれでいいのです、体のことは後で考える。
でもこれが続くと太るので、太るってことを考えたらストップかかるかなーー、、、自然に。
何がどうあっても太りたくはないなーー。

鳩ぽっぽ

庭に鳩がやってきます、よーく太った鳩。
どこで何を食べているんだろう。
うちの庭にはただ休みにくるだけのようで、屋根の上に乗ったりしていますが、餌はないし、どうしてやってくるのかわからない。でもよくきます。
だいたい2〜3羽で。
家族かな。
とにかく、同じ鳩ちゃん達かどうかわからないのですけど、よくくるんです、毎日です。
見てると可愛いんですよーー!
ゆっくり見てる時間はないのですが、チラチラ見てるだけでも可愛い、と思えます。
庭が見えるいちに仕事場があるっていいよね、、この位置は変えたくない。
さてその鳩ですが、時々、うちの窓に思い切り当たっていくことがあります、
痛そうです、、、すごい音もします。
窓に鳩の当たった跡がつきます、はねにオイルがある証拠です。
それを綺麗に拭き取るのですが、オイルがきつくてなかなか綺麗にならないくらい。
でもそんな苦労よりも、窓に当たって痛かっただろうな、、という可哀想な思いの方が強い。
綺麗に窓を磨くから何もないと思って当たるんだけどね、、、笑

制度を知っていれば

もし、予期せず妊娠をしたら。。。
女性なら可能性あある、、、。相手が失踪し、お金もない、頼れる人もいない、、、そうなったら?
とある女性が、家を追い出され(交際相手ですよ)、行くところもなく、お金もなく、やっと病院に行った時にはすでに7ヶ月になってて非常に困ったんですって。
そこのいお医者さんが特別養子縁組のことを教えてくれて、産むまでのシェルターもあって、とても助かったそうです。
もちろん、生まれてきたらそこは出なくてはいけないだろ受けど。
でも子供は養父母によってきっと幸せになるだろう。
それだけでもいい、って、そこに行くことを選んだのですって。
この制度を知らなかったら悲惨だったと思うと。

時々、生まれたばかりの子供を殺してしまう、などの時間があります。
そうならなくてよかったと。
そうなんだよね、制度がわかっていれば頼ることもできる。
どうかここの医者のように、こんな制度があるよ、と行ってほしい。
本人が選択することだから、選択肢だけは与えてほしいのです。

ツイッターで画像付きメッセージを送ろうとしたけど、いつまでたっても
「一部の画像/動画をアップロードできません。」
がでてできない。。いつまで続くんだろう、まさかずっと?
こういうのって困ります。
結構な人がこれを言ってますけど、同時期でもなく。。
しかも「こうでつ」ってツイッターで投稿してるって、、、笑、、、どうやってその状態で。
あ、メッセージだけならいいのか。でも画像を出したいわけです。困ったーーー!
無料のものってこういうのがあるから困る。ぷんぷん。
何とかして欲しいーー。
芸すブックも不具合があったりしたし、インスタも時々あるらしい。
ダメじゃないか!マーク(社長)、、ちゃんとしてくれ。
って、今はツイッターなんだけどね。
これがなくてはいきていけない、ってこともないけど、仕事で使ってるから困るんだよねーー。

マリーテレーズ

フランス革命について読んでいて、マリーテレーズさんのことが出てきました。
ベルばら好きなら知ってるかもですが、マリー・アントワネットの娘で、最後まで生き延びた人です。
ちなみに息子のルイ・シャルルは亡くなっています。
自分が何者かもわからなくなっていたとか。。かわいそうに。

マリーテレーズは分かっています。
フランス革命がどんなものだったかも。
これはこれでかわいそうだ。
ものすごい時代に生まれ、育ち、翻弄されたマリーテレーズ、、、絵を見る限り、不幸な感じがしますが、彼女は本当に笑わない人だったんですって。
笑えないよね、、、そんな人生では。ロンドンにも亡命していました。
どこにいたんだろ、、、ちょっと興味あるな。
お子さんもいませんでした。一度だけ妊娠したようですが、かなり大きくなってからの流産だそうです。
昔はなかなか子供が、、生まれても育たない時代でしたしね。。。かわいそうに。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク